« まなべにマナベ | トップページ | M・ヒンギス敗れる! »

2006/02/02

東横インの問題とは

どーもJOKERです。

東横インの偽装工事は次から次へと増え続け、全国で70棟以上の建物に無許可の工事が発覚しています。

社長は以前会見で

「身障者用客室を造っても、年に1、2回しか来なくて、一般の人には使い勝手が悪い」
「(身障者用駐車場は)ない方がすてき」
など心無い発言をした。

やがて問題が大きくなりメディアにも毎日のように取り上げられ事の重大さに気づき、これ以上大きな騒ぎにならないようようやく重い腰をあげ、各方面に謝罪をしだした。

「身障者が年に1、2回しか来ない」じゃなくて、来れないんじゃないのか?

以前TBSのドラマで「ビューティフルライフ」というのがあった、主演は木村拓哉と常盤貴子

概要:腕はあるが人気のない男性美容師と、難病に侵され、車椅子での生活を強いられながらも健気に生きる図書館司書の女性を描いたラブストーリー。

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~ DVD-BOX

このドラマの中にほんの少しだが、車椅子に乗った常盤貴子とキムタクがお店でお茶をするシーンがあり、そこでは店のあちこちに段差がありスロープが無いので入れないとか一般のトイレだけなので使いづらいなど、障害者の目線で苦戦する場面があった。

年に1、2回しか(外に出ると何かと大変で自分でも辛いし、周りに迷惑をかけるから)行けないという事じゃないのか?

来ないのでは無く東横インのような考えで、施設や駐車場を減らすから逆に行けなくなるし、回数が減るのだろう、現にそこ(障害者用の施設が充実)を売りにしているホテルなんてごく稀だからだ。

健常者には何の問題も無い事でもそういう大変な事は他にも沢山あるんです、聴覚障害者らはホテルで火災などがあっても非常ベルが聞こえません、電車で事故があり車内放送があってもわからないのです。

もっと身近なところでは”左きき”の人でさえ毎日不便な生活を強いられているのです。

そういったマイノリティに対し日本は世界でもトップクラスの後進国なのです。

東横インの西田社長は将来の展望として「世界で1045(トーヨコ)棟のホテルを展開したい」と語っている、だがバリアフリーを無視したホテルが海外で通用するだろうか。

謝罪会見で述べていたように、体の不自由な方にやさしい、あたたかいホテルをつくり社会に貢献してほしい。

参考:「東横イン流経営哲学

|

« まなべにマナベ | トップページ | M・ヒンギス敗れる! »

コメント

GOKさんコメントありがとうございます。

>会社指定、解約と・・・

これマジですか?
やはり各方面に影響あるんですねー、他のサイトではホテル自体はとても対応が良かったとか書いてあるだけに残念ですよね。

社長もかなり懲りてるようで、最初にきちんと謝罪しとけばよかったのにと・・・。

投稿: JOKER | 2006/02/07 11:54

私も「ビューティフルライフ」見てました。

>年に1、2回しか(外に出ると何かと大変で自分でも辛いし、周りに迷惑をかけるから)行けないという事じゃないのか?

素晴らしい考察です。
その通りだぁ~ o(>o<)o
ほんっと考え方間違っているよね。
あの社長。

ちなみにワタシんとこの会社
東横インが会社指定ホテルになってて、
社員証見せるだけで泊まれてたんですが、
会社指定、解約とあいなりました。

投稿: GOK | 2006/02/06 02:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41926/8474263

この記事へのトラックバック一覧です: 東横インの問題とは:

» そんなに嫌いか [犬の家::INUNOIE]
東横イン社長 西田殿。 東横インは障害者がよっぽど嫌いなんだな。 いちおう謝罪し... [続きを読む]

受信: 2006/02/04 03:03

» 東横イン社長が謝罪 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
「体の不自由な方にも温かいホテルを目指し、社会貢献していきたい」 大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」の不正改造問題で、2月2日、西田憲正社長障害者団体の全国組織「日本身体障害者団体連合会」を訪問し、完了検査後に身障者用客室を撤去したり、問題発覚後の記者...... [続きを読む]

受信: 2006/02/04 19:53

« まなべにマナベ | トップページ | M・ヒンギス敗れる! »