« 気をつけてること | トップページ | プロフィール用 »

2008/02/06

St.Valentine's Day

どーもJOKERです、今回は「あゆ」を意識してタイトル英語にしてみましたw

昨年はバレンタインデーに対して消極的かつ否定的な記事書きましたけど、最終的にはチョコレート大好きというダブルスタンダードっぷりを披露(笑)

ですから今年はチョコレート好きなJOKERの「10倍楽しむバレンタインデー」をお送りします

2月14日が何故バレンタインデーなのか?これは検索すれば山ほど出てきますがあえて超簡単に説明すると

大昔神に仕える仕事をしているバレンタインさんという人がいました、当時は戦争が多く恋愛などけしからん!という状況だったのです

そんな中バレンタインさんは恋愛してもいいじゃないか、という事で隠れて結婚式とかしてあげてました

でもある日見つかって王様に殺されてしまったのです、2月14日の事でした

かなりの年月が経ち、状況も変わったその国では結婚相手を決めるのに女性が壷に自分の名前を書いた紙を入れて、男性がその中から引いた女性と付き合うという行事がありました

男女の恋愛を祝うその行事に彼が貢献していたという事でその日を聖バレンタインデーと名づけたのです

極端な要約ですので詳細はご自身でw

昨年も書いたけどおさらいとして、世界でチョコレートを一番消費してるのは「ドイツ」続いてスイス・オーストラリア・ベルギーと続きます

チョコレートの消費とカカオ豆の生産」・「世界主要国チョコレート菓子生産・輸出入・消費量推移

フジテレビ系「あいのり」でもやってましたがドイツは本当にチョコレートを食べます、イメージだとビールですが子供も大人も好んで食べているようですね

日本はドイツに比べると5分の1程度ですがアジアではダントツでヨーロッパに引けをとらないチョコレート大国なのです

更に統計では寒い時期になるとチョコレートの需要が増えるようで、それにちなみスーパー・コンビニではチョコレートの新商品が増える時期でもあります

地域にもよりますが日本の2月はまだ比較的寒い時期なのでそういう意味でもバレンタインデーは日本人が受け入れ易いのかもしれません

知人からある動画を教えてもらいました、「CHOCOLATE (CHOCO CHOCO)」こちら海外のアニメですがラテンのノリで意外と楽しめます

その知人は「チョコラテ」という面白い動画があるという事で教えてもらいました、ですがスペルは「Chocolate(チョコレート)」

そこで不思議に思い調べてみるとまた新たな発見があったのです

チョコレートを何故チョコラテと発音するのだろうと思い、フランス語かと思ったのですがフランス語には「ち」の発音はありません、パチンコは「パシンコ」、チャップリンは「シャプラン」です、実際チョコレートは「ショコラ」

動画を見てて数の言い方も気になりました、それらを含め調査した結果「スペイン語」だったのです

動画には「ワン・ツー・スリー」という部分がありますがここでは「ウノ(1)・ドス(2)・トレス(3)」と言っています、チョコと関係ない話に付き合っていただきましてグラーシアス!

ですがまんざら関係無い話ではないのです・・・

なっなんと!スペインはチョコレート発祥の地だったのです、カカオ自体はその昔から食されてはいましたが現在のチョコレートのルーツとなるのはスペインだったのです!

当時は液体で今でいうところの「ホットチョコレート」のようなものだったらしいです、そしてスペインではチョコレートをスペルはそのままで「チョコラテ」というのです

さて続きましてはご存知ジョニー・デップ主演の映画「チャーリーとチョコレート工場」こちらの映画は世界的に有名な「ウィリー・ウォンカ製のチョコレート」に5枚だけ金のチケットがあり、それを手に入れると工場見学ができるというもの

チャーリーとチョコレート工場


映画も十分楽しかったです(ジョニー・デップ演じる工場長はJOKERが理想とするエグさw)ただここで紹介するのは映画内で食べられていた「ウォンカ製のチョコレート(Wonka Chocolate)

Wonkabar


どうやら外国で映画にちなんで作られたようで日本でも発売されてるようです、もちろん作っているのはウンパ・ルンパではありません(笑)シルクハットの形をした大変甘い板チョコらしいです、興味のある方は探してみてください

ちなみに噂によると「ソニープラザ」か「コーヒーファーム・カルディ(KALDI)」にあるという情報が・・・

「チャーリーとチョコレート工場」見た方で気に入った方、実はアレはリメイク版らしく前作があるのご存知でしょうか?

夢のチョコレート工場

「夢のチョコレート工場」これが最初に映画化されたもので、内容は似ているようですが当時の撮影技術がまだ低かった為映像表現が少し違うものになっているらしいです、こちらは家族向けといった感じでしょうか

ウォンカもいいですが、やはり老舗の高級チョコも出さない訳にはいかないでしょう

まだどのチョコにしようか迷ってる人がいたら参考にして下さい

「ROYCE'(ロイズ)」北海道を拠点とした日本の高級チョコレートメーカー、生チョコレートが有名

「ゴディバ(Godiva)」ベルギーの高級チョコレートブランド

ピエールマルコリーニ」ベルギーの高級チョコレート販売店

「モロゾフ」ロシア系の日本洋菓子メーカー

ここに紹介したものは一部の有名なブランドなどで他にもまだ沢山あります、渡す相手や好みで選んでみてください

参考「世界のチョコレートメーカー

私個人としてはチロルチョコやビックリマンチョコで満足ですけどw どーせもらえねーしw

長々と書きましたが最後にこんなサイトもありますって事で「バレンタインデー スタイル

|

« 気をつけてること | トップページ | プロフィール用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41926/40011312

この記事へのトラックバック一覧です: St.Valentine's Day:

« 気をつけてること | トップページ | プロフィール用 »